遺産分割

遺産分割方法|口コミ体験談

遺産分割のようなお金に関しての問題はとてももめることが多いです。
円満に解決されるのであれば問題ないのですが、金額が大きかったりしてもめるとなかなか解決されなかったりします。
そういったときには弁護士に間に入ってもらって処理したりします。
そこで弁護士についてと遺産分割体験談などを紹介します。
遺産分割の参考になれば幸いです。

遺産分割とは

遺産分割とは、被相続人が死亡したときにその保有する財産を相続人たちが分割して相続することです。
遺産分割というと、相続人の間でその分割方法に互いに不満をもち、トラブルになってしまう場合があります。
そのため、遺言状等がない場合には民法によってそれぞれの法定相続分というものがさだめられています。
一般に、相続人になりうるのは、配偶者、子供、そして場合によっては被相続人の親、兄弟姉妹です。
全ての相続人の確認を行うためには、被相続人の出生から死去するまでの戸籍謄本での確認が必要となります。
法定相続分は、配偶者がいる場合といない場合によって考えるとわかりやすいです。
まず、配偶者がいない場合、子供が全て、さらに子供がいなければ親が全て、さらに親もいなければ兄弟姉妹全て相続し、それを相続人の人数で均等に分割します。
そして、配偶者がいる場合は、子供がいれば配偶者が2分の1で子供が2分の1、子供がいなけれは配偶者が3分の2で親が3分の1、子供も親もいなければ配偶者が4分の3で兄弟姉妹が4分の1という法定相続分となります。
いづれにしても後々トラブルにならないようにすべての相続人をきちんと把握し、遺言状の有無など確認し、慎重に遺産分割の手続きをすすめることが大事です。

遺産分割方法について

昔から遺産の相続で揉めるケースが多々あります。
お金だけを残して亡くなれば、残りを法定相続通りに分ければいいのですが、不動産や現物資産などで簡単には売ることができない物があると、一気に遺産分割方法が難しくなります。
遺産分割のせいで、仲のよかった兄弟関係が悪くなってしまうという話もよくあります。
では、どのようにすればいいのでしょうか。
検証していきます。
望ましいのは、生前から相続人同士でよく話し合っておくということです。
不動産は誰が相続して、その分預貯金が誰が相続してなどとシュミレーションをしておけば、話もスムーズになるでしょう。
また、専門家に間に入ってもらうというのも1つの手です。
当事者同志で協議すれば、どうしても感情的になってしまいがちです。
そんなときに専門家がいれば、冷静にそれぞれの言い分をまとめて、最善の方法を提案してくれます。
そしていずれの方法でも大事なことは全員が納得することです。
正解はないので、全員が納得できればそれでいいのです。