黒ずみケア|黒ずみの原因と解消

黒ずみケア|黒ずみの原因と解消

脇の黒ずみを発生させてしまう原因とは

ぽつぽつとした脇の黒ずみができる原因はメラニン色素です。そしてメラニン色素が多くなる理由に外的な刺激が挙げられます。
メラニン色素はシミやそばかすなどの原因になりますので悪者のように感じられることがありますが、しかし肌を守るという役割もある大切な存在でもあるのです。ですから外的な刺激があった時にはメラニン色素が肌を保護しようとしますし、それゆえに脇に刺激が起こった時には増殖し易くなって黒ずみとなり現れてしまいます。
刺激になってしまうことはいくつかありますが、まずムダ毛の自己処理です。毛抜きやシェーバーなどで自己処理をするとデリケートな脇は刺激を受けてしまいますが、そういった刺激から肌を保護する為にメラニン色素も増加します。
その他にも衣服による擦れも良くありません。線維によっては刺激になりますので、それもまた黒ずみの発生原因になってしまうことがあるのです。
なお、乾燥気味の場合ですと余計に刺激を受け易くなりますので注意が必要です。皮膚が乾燥していると外的な刺激に弱くなりますし、そんな状態でムダ毛の自己処理をしたりすると黒ずみもでき易くなりますので、乾燥させないように気を配ることも心掛けた方が良いでしょう。

しつこい脇の黒ずみをとる方法とは

脇の黒ずみは1度出来てしまうと、なかなか自然に改善しません。
ですが、そのまま放置していても、やはり黒ずみは気になるものです。
脇の黒ずみをとる方法として、おすすめなのが脱毛をするという事です。
脇の黒ずみが起こる最大の原因と言われているのが、カミソリなどによる自己処理です。
自己処理は肌に大きなダメージを与え、メラニン色素の生成を促します。
脱毛を受ける事によって、自己処理をする必要が無くなり、新たな黒ずみを予防できるのです。
ただ脱毛をしただけでは、まだ黒ずみ対策としては十分ではありません。
顔と同じように脇も丁寧に、スキンケアする事で黒ずみの予防・改善の効果が期待できます。
まず、スキンケアの基本となる保湿ケアは必要不可欠です。
肌が乾燥しているとターンオーバーが低下し、メラニン色素が肌細胞に沈着しやすくなります。
この時、ただ保湿化粧品を使用するのではなく、美白化粧品でケアすると保湿と美白成分、両方を浸透させる事ができるのでより黒ずみ改善に効果的です。
頑固な黒ずみの場合、ピーリング石鹸で古い角質を落としましょう。
この時、ゴシゴシ洗ってしまうと、その刺激からメラニン色素が作られてしまう為、優しく洗う事が大切です。